banner

プレスリリース

  • 2016.09.01 2016年10月15日(土曜日) 終了!
    住育コミュニティin京都 2016 <<第22回>>
    おさるの年に ゴリラの話で運気アップ!
    ごりらに、学ぶ住育 あなたがもっと幸せに生きる方法とは!?
    【基調講演】住育コミュニティin京都 2016 <<第22回>>
    ゴリラ研究の第一人者 ・ フィールドワーカーを自負する京都大学の総長
    山極 壽一(やまぎわ じゅいち)氏による
    テーマ:
    「サル化」する人間社会 ゴリラの目で次世代の子どものことを考える
    【シンポジウム】
    ・基調講演 山極壽一総長のお話を受けて・・・
    住育視点で楽しく暮らす住まい心のあり方を考える!
    主催/一般社団法人日本住育協会・住育コミュニティ
    協賛/株式会社ミセスリビング設立30周年記念実行委員会
    事前に参加申込をFAXにてご予約、または、お電話でご予約ください。
    詳しくはご案内ページにて 右の画像をクリック→
  • 当日お集まり頂いた方々です(集合写真)


  • 2015.10.30 2015年12月12日(土曜日) 終了
    「住育コミュニティin京都2015」
    毎日の暮らしを楽しんでますか?
    あなたのもっと幸せなくらし
    ご一緒に考えてみませんか!?
    主催/一般社団法人日本住育協会・住育コミュニティ
    協賛/株式会社新建新聞社
    後援/文部科学省・京都府・京都市・
    京都府教育委員会・京都市教育委員会・京都商工会議所・
    公益財団法人京都市男女共同参画推進協会
    事前に参加申込をFAXにてご予約、
    または、お電話でご予約ください。
    詳しくはご案内ページにて 右の画像をクリック→

What’s New

  • 2016.12.26 朝日新聞京都・滋賀版の21ページに掲載されました(左サイドメニュー画像参照)
  • 2016.09.02 本年度の「住育コミュニティin2016」開催のご案内
           (国立京都国際会館 Room B-1にて)開催します。詳しくはこちら
  • 2015.10.03 本年度の「住育コミュニティin京都2015」開催のご案内
          (京都商工会議所3階講堂にて)開催致します。詳しくはこちら
  • 2015.06.30 「特定非営利活動法人住育コミュニティ協会」本日を持ちまして
           「住育コミュニティ」として再出発いたします。業務は一般社団法人日本住育協会
           の基で住育講演・住育セミナー活動を行ってまいります。引き続き宜しくお願い致し
           ます。
           今後の講演依頼でのお問い合わせのご連絡は「一般社団法人日本住育協会」より
           差し上げますのでご理解とご協力をお願い申し上げます。 事務局より
           
  • 2015.02.14 「住育コミュ二ティin岡山2015」開催。動画を公開しました。
  • 2014.08.14 「住育コミュ二ティin東京2014」報告ページ追加しました。
  • 2014.07.25 「住育コミュ二ティin東京2014」朝日新聞朝刊(京都・滋賀県版)に全面広告掲載!
  • 2014.06.21 「住育コミュ二ティin東京2014」開催※
             
  • 2014.06.15 「住育コミュニティin東京2014」参加申込期限6月20日まで
  • 2014.05.15 「住育コミュニティin東京2014」開催要項が決まりました。
  • 2014.04.29 昨年度の講演活動(動画配信中)※左メニュー上部からご覧下さい。
  • 2014.04.25 2014.06.21「住育コミュニティin東京2014」開催します。
  • 2014.04.25 本年度平成26年通常総会開催のお知らせ
  • 2014.02.12 住育アドバイザー認定試験 第1講生合格者8名が誕生しました。
  • 2013.11.01 2013年12月08日(日)出会いが広がる住育フェスタ「新しい絆」の集い(終了)
  • 2013-10-25 お知らせ:10周年を期にNPО法人住育コミュニティ協会と改名しました。
  • 2013-05-25 第11回通常総会が開催されました。
  • 2013-05-03 憲法記念日の朝日新聞(関西版)の朝刊に「住育コミュニティ」が紹介されました。
  • 2013-05-02 平成25年度通常総会開催 日程:平成25年5月25日(土曜日)13:30~
  • 2013-04-28 「住育コミュニティ in 東京」の広告が朝日新聞朝刊土曜日版で紹介されました。
  • 2013-04-18 朝日新聞朝刊(関西版)に「住育コミュニティ in 東京」の広告が掲載されました
           。エリア外の方はこちらからDL(ダウンロード)出来ます。
  • 2013-03-18 「住育コミュニティin東京」の入場参加費を全額あしなが育英会に寄付しました。
  • 2013-03-11 大感謝感謝で無事に「住育コミュニティin東京」が盛大に終わりました!
  • 2013-03-10 当日券も残りわずかです。お早目にご来場ください。(先着順です)
  • 2013-03-07 3月10日:一人でも多くの皆様にご参加頂きたいので、入場料改訂いたしました。
  • 2013-03-06 お申込み方法が変わりました(流れをご覧ください。)
  • 2013-03-01 好評に付き予約受付を~(定員になり次第受付終了です。前売り券のご予約はお早めに!
  • 2013-01-16 先行予約申し込み受付を開始しました。

※入場料の売上金は全額「あしなが基金」様へ寄附いたします。
東北地方で震災にあわれ親を失った子どもたちへ役立ってほしいと言う願いをこめて講演します。

住育アドバイザー認定者の皆様です。資格取得後全国各地でご活躍されています。

住育アドバイザー第1講 認定試験合格者の皆様
昨年度より始まりました住育アドバイザー養成講座を受講された第1期生の素晴らしいメンバーです。合格された住育アドバイザーの皆様が全国各地に戻り、幸せの赤いバトンをどんどん広げていただけ、当協会の理念に沿った形や輪が全国に・・・最高の形が出来上がってきています。
現在第2期生の養成講座開催中!(締切)
認定試験は6月24日(土曜日)※見学可能:詳細は及び見学申し込みはこちらから
小学校から大学まで、日本全国あなたの街に大好評の住育授業や講演いたします。
PTAや、商工会議所、会合や、サークルの講演にも、是非 私たちに、お声がけ下さい。
住まいづくり教室も、全国各地で開催します。


出会いが広がる住育フェスタ「新しい絆」の集いが開催されました!当日の様子です。

出会いが広がる住育フェスタ「新しい絆」の集いの様子住育は、これまで住まいを通じて「円満家庭」「健康長寿」「子どもの教育」を実現してきました。これは知育・徳育・体育・食育・医育・衣育・箸育・福育・・・などでも共通する目的ではないか?『○育』を合言葉に終結すればどんな大きな事でも可能になる!皆さんと一緒に、日本をもっと元気にできる!!もちろんいろんな形はありますが「みんな違う考えだからこそ、みんないい!!」・・・とお集まり頂き交流の場が持て素晴らしい志の皆様と共に社会を変えよう日本を変えよう!と嬉しい集いとなりました。私達含めすべての「○育」の皆様も来年からはもっともっと良い日本にして行きたい!とそう願っています。北は北海道から南は鹿児島奄美まで全国からお子様含めて114名(当日参加含む)の方たちにお集まりいただきました。本当にありがとうございました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
今回残念ながらご参加できなかった方も、2014年違った形で開催しますので、是非お集まりいただけます様心よりお待ち申し上げております。


講演会当日の様子です。
20130310_tokyo「幸せの赤いバトンを全国につなぎましょう!」とご来場のお客様からの嬉しい声に感謝致します。
本当にありがとうございました。


■あしなが育英会に寄付(2013-03-18)
 3月10日開催した「 住育コミュニティ in 東京 」に319名(内小学生以下19名)
 の方が参加して頂きました。
 その温かい心を全額、あしなが育英会で両親を失われた子どもさんたちにお役立てて頂こう!!
 と、寄付させて頂きました。
   あしなが育英会へ全額寄付
寄付額:前売り券・当日券としてお一人様1000円(中学生以上)×300名=30万円
参加して頂きました皆様本当にありがとうございました。

朝日新聞へ掲載

4月18日朝日新聞 31頁へ掲載 2013年4月18日(木曜日)の朝日新聞朝刊に、先月東京で開催された、
「住育コミュニティ in 東京」の講演会の様子:記念講演や浅野史郎先生、全国からお集まりいただいた、6名のパネリスト によるディスカッションでは笑いありのトークで浅野史郎先生がとても盛り上げ頂き無事に終了することが出来ました。、松木貴子さん(ソプラノ歌手)の歌あり、皆さんと一緒に「ふるさと」合奏したりの大変楽しくて分かり易い講演会になったという思いが新聞の朝刊で伝わると嬉しいです。

小学校での住育授業報告
山口県の小学校で家庭科の授業に「住育ってなーに!?」を組み込んで頂きました。

校舎

昨今では子供達も、様々な外圧により一人で悩み苦しみ、夢を失い、非行に走ったり、自らを傷つけ、自らの命を絶つといった最悪の選択をしてしまう、といった報道が後を絶ちません。もう一度家族の絆をしっかりと築き、笑顔を絶えない家庭をつくることが急務となっています。しかしながら、家族との心からの絆、会話ができていないということも指摘されている通りです。
住育の授業を通して、夢を持って生きることは、こんなにも楽しいことなんだよ、夢に向かって進むところに人生が開けてくるということを、「夢マップ」を使って、自分の気づかなかった心の奥底にある夢や希望、そして不満を書き出し、明確化する中で自分が変われること、自分の心に向き合うことで、目標が生まれてくることを体感しました。
そして、授業だけでなく、家庭に持ち帰り家族で「夢マップ」をすることにより、家族の心の中の思いや、不満がより明確に解ってきて、そこに会話が生まれより強い絆で結ばれるそんな授業でした。

5年生の授業風景
「住育授業」を受けた5年生のクラスの生徒たち

5年生の授業風景
子供達の元気の良いあいさつで、宇津崎理事長の「住育」の授業が開会されました。
「住育」とは、心と住まいを繋げて家族が仲良く暮らすこと、人が主と書いて住という。家の中すべてが住育っていうこと。


6年生
6年生のクラスのみんな

6年生授業風景
これから中学生になる前に「住育」視点を学び、家族とのコミュニケーションの必要性を理解できる一番大切な時期です。

授業が済んで宇津﨑 光代理事長が校長へご挨拶に行った際、授業を受けた児童たちが校長室へ来て、ノートや下敷きなどにサインを求めそれに優しく応えると児童たちの笑顔が忘れられないくらい素晴らしくて、別れがつらくなりました。
この子たちはきっといい子に育つのだろうと確信を持った一日でした。

「夢マップ」実践ワーク中

2人がそれぞれ、自分の夢、今までの不満なこと、いっぱい書き出してもらいます。 沢山夢を持ってる子、ちょっとしかない子、 不満ばかりいっぱいある子、様々です。
しかし、心の中にあることを素直に見つめ出すことで、常日頃気付かなかった思いに気付く子供もいました。
短い時間の中でしたが、終わってからも、もっともっとやりたいという子供がたくさんおられました。
特にお母さんの夢を聞いて、お母さんの夢を、不満を聞いてあげること、自分の言えないことを「夢マップ」に書いて、家族会議をして欲しい、お母ちゃんを太陽にして欲しい、笑顔ってみんなを幸せにするんだ、ありがとうは自分のビタミン剤、城南小学校から幸せの伝達者になりましょうとの問いに、「ハイ」と元気に応え、最後に笑顔で元気に「ありがとうございました」で締めくくりました。

住育とは何かを、先生方、子供達や保護者の皆様には、宇津崎理事長が身近なところから順に話されるにつれ、子供達の顔つきが変わっていき、更に問いかけに対して大きな声で返答できる、大変すばらしい5,6年生でした。この授業でおこなった夢マップを持ち帰り、家庭で親御さんとともに実践されている様子も後からお聞きいたしました。今後につながる大変ありがたい授業だったと、あらためて教育委員会、小学校の諸先生方に感謝申し上げます。
今後更に「暮らしを楽しむ」大切さを多くの皆さまへお伝え出来ればと活動してまいります。

この様な学校での「住育授業」はこれからの日本のささえとなる小さな子供たちにとって、とても重要且つ必要な授業だと考えます。

我が学校でも是非授業をしてほしい!とお考えの校長先生、PTA、教育委員会の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。
(保育園の保護者や、PTA、小学生~大学生まで定期的に授業や講義を行っています。)

住まいと心の関係

  • 住育を知らなかったら、家というハードがこんなにも人の生活に影響を及ぼすものだとは気付けなかった!
  • 住育を勉強して家を見る目が変わった部屋探しにもとても役立った。
  • 家は値段と見た目ではなく、暮らしを楽しめるかどうか? という基準で絶対に選ぶべき!
  • 箱に合わせて住む人が入るというような家が多い。 本来は人に合わせて家をつくるべき!
  • 住育の視点で建てられていない家に住んでいたらそれが当たり前になるから、学生のうちに住育を考えておきたいと思った。

「住育コミュニティ」では、以下のようなテーマについて話しあっています。

  • モノの整理と心は関係している?
  • 部屋が片付かない。モノが捨てられない。どうすればいいの?
  • リビングに置いてあるモノの多さでわかる家族の力関係とは?
  • リビングは洋室が良いの?和室が良いの?
  • 家はお洒落なほうが良いんじゃないの?暮らしや心のためにいい住宅の選び方とは?
子育てや、毎日の生活に問題や不満はありませんか? 「旦那さんや友達にもなかなか相談できないし・・・」 そんな”日常では中々話題に上らない、でも大切な暮らしの話“を 「気兼ねなく話せる場があったらいいなぁ!」 そんな思いでこの「住育コミュニティ」を作りました。

住育コミュニティを開催する3つの目的

banner ①年代を超えた交流 年代の架け橋をしたい
私は、住まいづくりをする上で、悩み相談を沢山受けてきました。 それは、住まいだけに限らず、夫婦の問題、子育ての問題、 姑の問題 又虐待 うつ病 本当に様々です。 本当に、ご本人にとっては、辛い悲しいお悩みでしたが・・。 実は、自分ごとだけで捉えるのでなく、少し引いて物事を考え、住まいと心を繋げること。 住育を知ることで簡単に解決できることばかりでした。 そして、長年様々な年代の人と関わっていく中で、 その年代ごとに抱える問題があることにも、気づきました。 その将来を見れたら・・・タイムマシーンで将来を見るかのように。 年代を超えた コミュニケーションの場があれば、 実はどんな悩みも簡単に解決できる。 事前に失敗を避けることができる。 >将来を自分で変えることができるのだと思います。
banner② 住まいと心を、“真剣に考える場”、そして“解決する場”、自分の過去の常識を良い意味で“リセットする場”を提供したい
私は、幼い頃から夫婦不仲、又虐待を受けて育ちました。私が、もしも何も、考えないで、そのままの家庭をつくっていたら、 きっと両親と同じことを繰り返していたかもしれません。核家族が多い現在の世の中は、特に自分の家族があたりまえ。
自分の家族が、次の自分の家族の形でもあります。いやだ、いやだと不仲の両親を見て育った人までも 同じことを繰り返して苦しんでる事も多々ありました。私は、このように自分の過去を振り返り、リセットする場が必要だと思いました。自分の過去が悪いほど、自分の理想が見えてきます。どんな家族になりたいか?少し考えるだけでも将来は変わります。色んな家族いろんな形があることを知ってほしいと思います。
banner ③住育視点で暮らしを楽しんで生活してほしい!
私達が発信する 色んな活動を通じて、毎日の暮らしの中で 沢山の質問が生まれてくると思います。自分の住まいや暮らしに置き換えてどうだろう?いやこうなのではないか?ああでもない。こうでもない・・・。その疑問を、大切に持ちより、話し合い 発信 解決する場が、 住育コミュニティです。参加して頂いた方が、日ごろ感じたこと、気づいたことを 話しあう場があれば、暮らしをもっと楽しくできます。自分の本音を全て話してくれる大学生を通じて、参加者の方自身の心と向き合えるきっかけづくりになればと思います。
Copyright(c) 2009 - 2015 住育コミュニティ. All Rights Reserved.