Q.旦那が、「後で片付けるよ」と、口ばかり。 何時になってもく片付けない。 手を付けたら駄目かな?と、とりあえず旦那の物を紙袋にいれて夫の部屋に置くのですが。。。 気が付けば紙袋の山で足の踏み場もない状態。 リビングダイニングまで。。。その紙袋がなだれ込んでます。 これって、息子と同じように一緒に片付けせなあかんの?  

A.一度だけ、一緒に 片付け場所を考える

  片づけが出来ない旦那様・・・ 家事が出来ない旦那様・・・。 いやいやいや。。今の世の中そんな相談ばかりです。 ずっと一生、一緒に片づけする必要は全くありません。 ただ、最初に、一度だけ、一緒に以下の作業をお願いします。 まずは
1.その空間で、どんな暮らしがしたいのか?を明確にする! したい暮らしが明確になっていないから要るものいらないものがわからず物も増え続けるのです。
クローゼットならよかった部屋                     そして何より大事なのが
2.収納場所を家族全員で考える。 お母さんだけで考えると、実は ・子どもや旦那様には後で探せない ・「あれ、どこ、やったあー」と毎度聞かれる ということがあるのです。 私はいつも、家族にそれを片付ける人に聞きます。 「これ、どこやったら片付けやすい?」と・・・。 一見めんどくさそうな、この作業。 しかし、自分で決めたら、私が決めた時よりもちゃんと片付けてくれるので不思議です。
それらのコミュニケーション作業を徹底的にしてつくるのが、「住育の家」です。 家族一緒にそこを明確にするから旦那様やお子さん、家族全員が片付け上手、家事が得意になるのです。
住まいは、あなたが思い通りの家族関係をつくりだしてくれます。 環境が、あなたを助けてくれます。 どんな住まい環境にしたら、今のあなたのお悩みは解決できるでしょう。
家族のそれぞれが出来る方法で!その際は「普通はこうや」「これは常識やで」。 の言葉は禁句です。常識を捨てて、さあご一緒に考えてみましょう!
わからない方は、詳しく書いてメールをくださいね。
【2016年6月15日京都ClubFameより】http://kyotocf.com/column/jyuiku-house/datsu-okan-31/
ご相談お寄せください。
宇津崎友見(うつざき ともみ)宇津崎友見プロフィール ご質問メールはcf@mrs-living.co.jp 世の中の奥さんから集めた「妻がオカン化する瞬間」と「ダンナの育て方」を掲載します。
皆様からのお悩みやご質問もどんどん受けつけここでお答えします。
ブログできました♪ >>> http://www.jyuiku.net/blog/
住育情報 発信しますので、ぜひブログ登録してね
*************************************************************************** 住育アドバイザーが、住育視点で住まいづくりナビゲート♪ 日本全国「住育」講演もしています! ●一般社団法人日本住育協会 http://www.jyuiku.net/ ●住育コミュニティ協会 https://www.jyuiku.jp/ 暮らしを楽しむ間取りプラン「住育の家」づくり ●株式会社ミセスリビング http://mrs-living.co.jp もっと暮らしをハッピーに・・・住育の情報をお届けします。 新規登録はこちらから → https://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=jyuiku ***************************************************************************
 ]]>

Follow me!